2018年12月21日

ntt data(中国)信息技術有限公司が、
   中国国内の日系企業で初のinformatica社(中国)の技術支援パートナーに認定

       ntt data(中国)信息技術有限公司(本社:中国江蘇省、以下:ncit)が、informatica社(中国)(本社:北京、以下:informatica中国)から、中国国内の日系企業で初のinformatica 中国との技術支援パートナーに認定されたことを発表します。
      informatica社製品に関する技術支援パートナー(注)とは、informatica社製品の利用ノウハウ・技術を多く保有していることを証明する認定です。これに認定されることで、informatica中国からの最新の技術・製品情報の共有やサポートが受けられ、また、データ統合・活用に関するマーケットを同社と連携して開拓できるようになります。 今後、ncitは、infomatica社の他製品に関する利用ノウハウの蓄積、技術者の育成に取組み、informatica社製品をトータルで利用したソリューションの提供を目指します。

【背景】

      ncitでは、昨今、さまざまな業種・業界において求められている、ビッグデータ、ai、iot、cloudなどのデジタルトランスフォーメーションに関する技術領域に対応するための組織づくり、人材育成の取組みを加速させてきました。この取組みの一環として、2018年1月に、データマネジメントに関するノウハウを集約した組織である「data management solution center(以下:dmsc)」を社内に設立しました。当該組織はオフショア専門部隊として、ai/analytics、iot、データ連携・分析基盤に関する上流のコンサルティングから基盤構築・運用までをトータルに提供している株式会社nttデータ ai&iot事業部とも連携し、プロジェクト推進および最新技術を利用したサービスを展開しています。そして、データ統合・活用におけるグローバルリーディングカンパニーであるinformatica社の製品を利用したデータマネジメントシステムの構築実績を重ね、その利用ノウハウの蓄積と技術者の育成に取組んできました。

      その実績がinformatica中国に認められ、この度、ncitが中国国内の日系企業で初のinformatica社製品に関する技術支援パートナー(注)に認定されることとなりました。これに認定されることで、下記のようなメリットを受けられます。

      •informatica中国からの最新の技術・製品情報の共有
      •各製品に対する技術サポートおよびトレーニングの受講
      •中国国内の入札活動で、informatica社製品を利用したビジネス提案をお客様へ提示可能
      •informatica中国が請負う、同社製品を利用した開発プロジェクトへ協業する権利の獲得

【今後について】

      dmscでは、データマネジメントにおける機能群の中でも、データ収集・連携・加工・配信などのデータ統合基盤を実現するinformatica社製品である「powercenter」や、システム間の高度なデータ連携を実現する「data integration hub」、クラウドやオンプレミス環境のあらゆるデータの高性能な連携、同期を実現する「informatica intelligent cloud service」の利用に強みを持っています。

      今後は、hadoopと連携したデータ統合を実現する「big data management」や、データ資産管理を実現する「enterprise data catalog」など、他製品に関する利用ノウハウの蓄積、技術者の育成にも取組み、informatica社製品をトータルで利用したソリューションの提供を目指します。


 図1:データマネジメント機能群

(注)正式には、中国語で「金牌代理商」という認定であり、日本語では「技術支援パートナー」の意味になります。
※本文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

[本件に関するお問い合わせ先]
ntt data(中国)信息技術有限公司
企画部
e-mail:wuxisystem@nttdata.com
tel: ( 86)-510-8522-8110