ntt data(中国)信息技術有限公司レガモダセンタが設立されました

     2017年10月19日、ntt data(中国)信息技術有限公司は(ncit)、ncitにおけるn字モデル開発手法の研究開発及びレガシーシステム再構築遂行を行うため、専門組織として「legacy modernization center(略称:レガモダセンタ)を天津開発センタにて設立しました。
    本組織は急増するレガシーシステムに対してダウンサイジングによるモダナイゼーションがニーズに応えるため、n字モデル開発手法を用いたレガシーシステム再構築プロジェクトを推進・実行する役割を果たしていきます。これにより、itを活用して新しいビジネス領域の創出・拡大を目指すお客様を、柔軟かつ迅速なシステム提供を通じて対応していきます。
 
背景と目的
    近年、長年利用されているレガシーシステムを使い続けるには、運用コストやサポートなど、様々な課題があり、ダウンサイジングによるモダナイゼーションが急務となっています。
    ncitは、既存の経験&ノウハウ及びリソース人財をベースにしたレガモダセンタを設立し、nttデータ ソフトウェア工学推進センタと連携させていただき、レガシーシステムに対して、研究型や開発型案件を通して、安全かつ確実に再構築できる流れで社会に貢献できると考えております。これにより、日本国内におけるレガシーシステム再構築の取り組みを一層加速していきます。
 
新組織の役割
    1.ncitでのレガモダの開発ノウハウの集約と展開
レガシーシステムに向けたツール開発、r&d、ソリューション&プロセスや方法論の整備等をし、ncit全体に普及展開するとともに、開発現場への導入支援を行います。
    2. ソリューション&サービスの提供及び関係プロジェクトの推進・実行
レガシーシステムに対して、研究型や開発型案件を通して、安全かつ確実に再構築できるサービス提供や関係プロジェクトを推進・実行する役割を担います。
    3.プロフェッショナル人材の育成と提供
今後増加が見込まれるレガシーシステムプロジェクトに対応できるよう、計画的にレガモダ開発のプロフェッショナル人材の育成を行います。
 
レガモダセンタ概要
• 組織名称:legacy modernization center
• 立ち上げ日:2017年10月19日
• 所在地:天津市華苑産業区桂苑路18号b座 郵便:300384
• ntt data(中国)信息技術有限公司天津開発センタ
• 初期メンバー:約10名
 
今後について
    ncitは、新設したレガモダセンタを軸に、今後さらなるレガモダソリューションサービス開発の研究を行っていくと同時に、デジタルなどの新しい要素技術と、「レガデジ」開発による迅速かつビジネス環境の変化に対して柔軟に対応可能なシステム開発を組み合わせることで、お客様のニーズを満たすシステムを提供していきます。